AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性

sample

キーワード

  • 用法基盤言語学
  • 文法研究
  • 自然談話
  • 文法理論

関連地域

--

ウェブサイト

https://sites.google.com/site/toshinaklab/coproj/prjmultig

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

本研究は,一言語内に含まれる構造規則や文法パターンの多重性(多様な形式の併存)と分散性(局所的規則性)に焦点を当てる。従来の文法研究では,文法を一つの統一的な規則体系として捉えてきたが,実際の言語使用を見ると,構造パターンは使用環境によって大きく異なる。そこで本研究では,一言語の文法に内包されるバラツキが発音,語彙,形態法,統語法,文法変化など幅広い範囲の構造的規則に及び,その分布にも規則性が見いだせることを確認しつつ,内的多様性を本質的性質としてもつ新しい文法観・理論的枠組みの構築を目指す。

研究代表者 中山俊秀(AA研教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 中山俊秀(AA研)

AA研所員

  • 峰岸真琴
  • 呉人徳司

共同研究員

  • 青井隼人
  • 大谷直輝
  • 加藤昌彦
  • 加藤重広
  • 呉唯
  • 下地理則
  • 鈴木亮子
  • 高梨博子
  • 髙橋康徳
  • 中山久美子
  • 浜田啓志
  • 堀内ふみ野
  • 柳村裕
  • 山下里香
  • 吉岡乾
  • Tsuyoshi ONO

研究成果

研究会

2018年度第1回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2018年12月9日(日)10:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 中山俊秀(AA研所員)
    「文法の多様性と「逸脱的構造」」
    大谷直輝(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「英語のbetter off構文が持つ統語的・意味的・談話的特性の記述の試み」
    黒田航(杏林大学)
    「そもそもヒトは逸脱文にどう反応するのか?ー日本語文の容認度評定データベース (ARDJ) 構築の研究(第一期) から,容認度(評定)の実態についてわかって来た幾つかの事柄」
    加藤重広(AA研共同研究員,北海道大学)
    「日本語における構造規則と運用規則の衝突」
    吉川正人(慶應義塾大学)
    「“The funny this is ...”: 誤表記が物語る慣習と創造の最適配合としての文生成」
    全員
    オープンディスカッション

2017年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2018年2月11日(日)10:30–18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 中山俊秀(AA研所員)
    「文法知識どのような知識で構成されるか:テーマの概要説明」
    黒田航(杏林大学)
    「文法の概念の最適化が妥当な記述と説明を与える」
    吉川正人(慶應義塾大学)
    「「幻想」の文法論 (仮)」
    堀内ふみ野(AA研共同研究員,慶應義塾大学院生)
    「語に関する知識はどのように形成されているか?:前置詞の使用からみる文法知識と文脈(仮)」
    全員
    オープンディスカッション

2017年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(158KB)

  • 日時:2017年10月7日(土)13:00–18:00,2017年10月8日(日)10:00–13:00
  • 場所:AA研研修室(405)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 10月7日
  • 中山俊秀(AA研所員)
    プロジェクト趣旨説明
    青井隼人(AA研共同研究員,AA研特任研究員・国立国語研究所)
    「多重文法 (Multiple Grammar) モデル概説とその理論的意義」
    堀内ふみ野(AA研共同研究員,慶應義塾大学大学院生)
    「日本語の日常会話から見る文法の多重性」
    全員
    言語パターンのジャンル差・スタイル差の実例の発表(1)
    全員
    オープンディスカッション:文法の多重性が提起する問題
  • 10月8日
  • 全員
    言語パターンのジャンル差・スタイル差の実例の発表(2)
    全員
    オープンディスカッション:文法の多重性を踏まえた文法研究を考える

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.