AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > チュルク諸語における膠着性の諸相 -音韻...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

チュルク諸語における膠着性の諸相 -音韻・形態統語・意味の統合的研究-

sample

キーワード

  • チュルク諸語
  • 膠着性
  • インターフェイス
  • 類型論

関連地域

  • 中央アジア
  • 西アジア
  • 北東アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

チュルク諸語は膠着性という形態論的特徴が注目されてきた。しかし,近年のチュルク諸語内の各言語の記述研究により,「語」という単位の認定が,音韻論的観点からは問題があること,また,チュルク諸語においては語(形態論)と文(統語論)の明確な線引きが困難であることが明らかになりつつある。そこで本プロジェクトでは,形態,音韻,統語,意味の全ての面から各言語の記述を精緻化することを通し,従来注目されてきた膠着性というチュルク諸語の特徴の本質と,チュルク諸語内の言語間の差異を明らかにすることを目指す。

研究代表者 佐藤久美子(国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 佐藤久美子(国立国語研究所)

AA研所員

  • 児倉徳和

共同研究員

  • 青山和輝
  • 江畑冬生
  • 大﨑紀子
  • 奥真裕
  • 栗林裕
  • 菅沼健太郎
  • 新田志穂
  • 林徹
  • 菱山湧人
  • 日高晋介
  • 吉村大樹
  • Jakshylyk AKMATALIEVA
  • Aydin Ozbek
  • Ayse Nur TEKMEN
  • Nazgul SHAMSHIEVA
  • Arzhaana SYURYUN

研究成果

研究会

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年7月22日(土)14:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 14:00–14:10 佐藤久美子(AA研共同研究員,国立国語研究所)
    趣旨説明
    14:10–15:20 江畑冬生(AA研共同研究員,新潟大学)
    「サハ語・トゥバ語研究から見たチュルク諸語研究の諸問題」
    15:30–16:40 日高晋介(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院生)
    「ウズベク語の形動詞・動名詞―定動詞・副動詞と比較して―」
    16:50–18:00 佐藤久美子(AA研共同研究員,国立国語研究所)
    「文頭・文末イントネーションの機能について―トルコ語と日本語の比較―」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.