AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > マレー語方言の変異の研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

マレー語方言の変異の研究

sample

キーワード

  • マレー語の変異
  • クレオール化したマレー語
  • 言語地理学

関連地域

  • マレーシア
  • インドネシア
  • シンガポール

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

マレー語の変種は3億人近い話者人口を持ち,マレーシア,インドネシア,ブルネイで国家語として規範を持つと同時に各地で第一言語・第二言語として使用され,それぞれの地域の民族語と併用されることも多く,変化に富んでいる。本課題は,音韻・形態的特徴の変異からマレー語各方言の歴史的分岐の過程を解明し,民族語として発達してきた変種と通商用ピジンからクレオール化した変種の分布を明確化する。また各地の変異を一覧できるオンライン地図を作成し公開し,急激な変化を続けるマレー語の姿を記述することの重要性を示していく。

研究代表者 内海敦子(明星大学准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 内海敦子(明星大学)

AA研所員

  • 塩原朝子

共同研究員

  • 稲垣和也
  • 内海敦子
  • スリ・ブディ・レスタリ
  • 長屋尚典
  • 野元裕樹
  • 降幡正志
  • 三宅良美
  • Karl Alexander ADELAAR
  • Antonia SORIENTE
  • Sonja RIESBERG
  • Yanti

研究成果

研究会

2017年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 国際ワークショップ “Varieties of Malayic Languages”
  • 日時:2017年12月19日(火)13:00–17:00,2017年12月20日(水)10:00–17:00,2017年12月21日(木)13:00–17:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 言語:英語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 12月19日
  • 13:00–14:00 塩原朝子(AA研所員)
    “How to record (semi-)spontaneous utterance”
    14:00-14:45 内海敦子(AA研共同研究員,明星大学)
    “Malayic Variety project: purposes and discussion on Questionnaires”
    14:45-15:00
    TEA/COFFEE BREAK
    15:00-16:00 Thomas J. Conners (University of Maryland)
    “Langscape: Documentation applications of a language mapping tool and resource”
    16:00–17:00
    DISCUSSION: developing Malay varieties maps: pronunciation and words
  • 12月20日
  • 10:00–11:00 Antonia Soriente(AA研共同研究員,University of Naples ‘L’Orientale’)
    “The Indonesian language of intercommunication in the province of Kaltara in Kalimantan”
    11:00–12:00 稲垣和也(AA研共同研究員,京都大学)
    “A preliminary report on the structure of Pontianak Malay”
    12:00–13:00 野元裕樹(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    “Pun and discourse structure”
    13:00–14:00
    LUNCH
    14:00–15:00 Michael C. Ewing(AA研客員教授,University of Melbourne)
    “Interpersonal and expository grammatical organisation in Indonesian conversation”
    15:00–16:00 Thomas J. Conners (University of Maryland)
    “The Emergence of Indonesian Electronic Communication as a Distinct Linguistic Variety”
    16:00–17:00 三宅良美(AA研共同研究員,秋田大学)
    “A preliminary report on Belitung Malay”
  • 12月21日
  • 13:00–14:00 Yanti(AA研共同研究員,Atma Jaya Catholic University of Indonesia)
    “A general syntactic and phonological description of ablaut in some varieties of Sumatra Malayic”
    14:00–15:00 塩原朝子(AA研所員)
    “Referential strategies in some Malay varieties”
    15:00–17:00
    DISCUSSION: developing maps on Malayic varieties: technical issues

2017年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2017年10月15日(日)13:00–17:00
  • 場所:AA研研修室 (405)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 内海敦子(AA研共同研究員,明星大学),スリ・ブディ・レスタリ(AA研共同研究員,佐賀県国際交流協会)
    「Lampung調査報告」
    三宅良美(AA研共同研究員,秋田大学)
    「Belitung調査報告」
    全員
    「オンライン地図を用いた言語地図作成について」

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年4月23日(日)10:00–17:00
  • 場所:AA研研修室 (405)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • ファシリテータ:内海敦子(AA研共同研究員,明星大学),塩原朝子(AA研所員)
    研究の目的
    内海敦子(AA研共同研究員,明星大学)
    「マレー語変種に関する術語の整理」
    ファシリテータ:内海敦子(AA研共同研究員,明星大学),塩原朝子(AA研所員)
    「マレー語変異にかかわるパラメタ―の設定」
    全員
    オンライン地図を用いた言語地図作成について
    塩原朝子(AA研所員)
    「マナド・マレーのdefinite marker」
    全員
    次回の研究会に向けて計画

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.