AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語の...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語のケースマーキング

通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語のケースマーキング

キーワード

  • 琉球語
  • 格配列
  • 有標主格
  • 分裂自動詞性(活格性)

関連地域

  • 日本(琉球諸島)

ウェブサイト

https://sites.google.com/site/ryutyp

プロジェクトについて

期間:2015-2017年度

近年,琉球諸語の記述研究は統語分野を中心に大きく進展しつつあり,とりわけケースマーキングの記述の成果は,言語類型論に大きく貢献する可能性を秘めている。本研究は,琉球諸語のケースマーキングに関する類型論的研究を行う。特に焦点を当てる現象は,主語に格標示を行い,目的語を無標とする有標主格(marked nominative)と呼ばれる類型タイプおよびそれに関連するとみられる諸タイプである。有標主格は琉球諸語では広く見られるとされるが,世界的にはきわめて稀であり,理論的には存在自体が「想定外」とされている。しかし,このような類型的な例外の存立基盤や歴史変化を考察することこそ,言語学の前提を覆すきっかけとなるはずである。本研究では,琉球諸語の有標主格型およびそれに類型的・通時的に関連する諸体系を再検討することでケースマーキングの類型論に貢献することを目指す。

研究代表者 下地理則(九州大学准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 下地理則(九州大学)

AA研所員

  • 中山俊秀

共同研究員

  • 青井隼人
  • 麻生玲子
  • 重野裕美
  • 白田理人
  • 當山奈那
  • 中川奈津子
  • 新永悠人
  • 原田走一郎
  • 又吉里美
  • Christopher DAVIS

研究成果

研究会

2016年度第2回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2016年11月19日(土)14:00–18:30, 2016年11月20日(日)10:00–15:00
  • 場所:AA研研修室(405)
  • 使用言語:日本語
  • 11月19日
  • 白田理人(AA研共同研究員,琉球大学)
    報告1 喜界島方言
    徳永晶子(一橋大学大学院生)
    報告2 沖永良部島方言
    又吉里美(AA研共同研究員,岡山大学)
    報告3 津堅島方言
    重野裕美(AA研共同研究員,広島経済大学)
    報告4 奄美大島方言
  • 11月20日
  • 麻生玲子(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院生)
    報告5 波照間島方言
    青井隼人(AA研共同研究員,国立国語研究所)
    報告6 多良間島方言
    ケナン セリック(京都大学大学院生)
    報告7 宮古諸方言
    全員
    議論と次回の相談

2016年度第1回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2016年6月4日(土)14:00-17:30, 2016年6月5日(日)10:00-15:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 6月4日
  • 下地理則(AA研共同研究員,九州大学)
    趣旨説明
    中川奈津子(AA研共同研究員, 千葉大学)
    「八重山白保方言の目的語標示」
    林由華(大阪大学/日本学術振興会特別研究員(PD))
    「宮古池間方言の目的語標示」
    全員
    中間討議
  • 6月5日
  • 新永悠人(AA研共同研究員,成城大学)
    「沖縄久高島方言の目的語標示」
    當山奈那(AA研共同研究員,琉球大学)
    「沖縄首里方言の目的語標示」
    全員
    総合討議

2015年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2016年1月9日(土)14:00-18:00, 2016年1月10日(日)10:00-16:00
  • 場所:AA研研修室(405)
  • 使用言語:日本語
  • 1月9日
  • 下地理則(AA研共同研究員,九州大学)
    「伊良部方言の談話と主語標示」
    麻生玲子(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「波照間方言の談話と主語標示」
    重野裕美(AA研共同研究員,広島経済大学)
    「奄美浦方言の談話と主語標示」
    全員
    事務連絡
  • 1月10日
  • 新永悠人(AA研共同研究員,成城大学)
    「奄美湯湾方言の談話と主語標示」
    全員
    総合討議

2015年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2015年10月10日(土)14:00-18:00, 2015年10月11日(日)10:00-14:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 10月10日
  • 中川奈津子(AA研共同研究員, 千葉大学)
    「日本語のゼロ助詞について」
    麻生玲子(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「南琉球八重山波照間方言の格標示」
    狩俣繁久(琉球大学)
    「北琉球名護幸喜方言の格標示」
    全員
    事務連絡
  • 10月11日
  • 新永悠人(AA研共同研究員,成城大学)
    「北琉球奄美湯湾方言の対格標示」
    下地理則(AA研共同研究員,九州大学)
    「焦点化と格標示」
    全員
    総合討議

2015年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2015年5月9日(土)13:30-17:30, 2015年5月10日(日)10:00-15:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 5月9日
  • 下地理則(AA研共同研究員,九州大学)
    趣旨説明とリサーチクエスチョン
    白田理人(AA研共同研究員,琉球大学),中川奈津子(AA研共同研究員,千葉大学)
    先行研究のまとめ
    全員
    ディスカッション
  • 5月10日
  • 原田走一郎(AA研共同研究員,与那国町)(予定)
    「南琉球黒島方言」
    新永悠人(AA研共同研究員,成城大学)(予定)
    「北琉球久高島方言」
    全員
    次回に向けてのディスカッション

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.