AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容

ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容

キーワード

  • 宗教
  • イスラーム
  • 写本
  • ジャワ語
  • コンコーダンス

関連地域

  • ジャワ
  • インドネシア

ウェブサイト

---

プロジェクトについて

期間:2013-2015年度

これまでジャワの宗教に関する議論は「前イスラーム」的要素を強調したジャワのイスラーム受容の様相に説明の力点が置かれてきた。しかし,ジャワのテキストの歴史は9世紀にまで遡り,「前イスラーム」と一括りに説明するにはあまりに長い歴史的変遷を経ている。本研究は,ジャワ語(古ジャワ語及び現代ジャワ語)文書を通時的に比較・対照することにより,9~19世紀のジャワにおいて,外来宗教がどのように解釈され,変容してきたかを明らかにすることを目的とする。この目的を達成するために,19世紀以降出版されてきたジャワ語のローマ字翻字テキストをデジタル化し,コンコーダンスを作成し,これを利用して,テキストに表れる宗教概念やその変遷に関する分析をおこなうとともに,ジャワの言語・文化の変容過程全般に関する研究の基盤を構築する。これと平行して,研究基盤を活用する国際的な研究ネットワークの形成を図るとともに,海外ですでに構築されているマレー語文献研究基盤との連携により,マレー社会における宗教の変容過程との比較を試みる。

研究代表者 菅原由美(大阪大学)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 菅原由美(大阪大学)

AA研所員

  • 澤田英夫
  • 塩原朝子
  • 宮崎恒二

共同研究員

  • 青山亨
  • 深見純生
  • 山崎美保
  • Eni Sri Budi Lestari
  • Oman Fathurahman
  • Sri Budi Lestari
  • Willem van der Molen

研究成果

研究会

2015年度第4回研究会(通算第12回目)

  • 日時:2016年3月5日(土)13:00-14:30 (公開),15:00-17:30(非公開)
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:英語および日本語
  • 13:00-14:30(公開)
  • Edwin WIERINGA(AA研特別招へい教員)
    “Satan’s Sermon:A late-19th-century Javanese Elite Objections to the Spirit of the Age”
  • 15:00-17:30(非公開)
  • 全員
    今期の総括,来期予定策定会議

2015年度第3回研究会(通算第11回目)

  • 日時:2015年11月23日(月)13:00-18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:英語および日本語
  • ジャワ語史資料紹介
  • 青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「プルボチョロコの『ジャワ文学史』解題」
    深見純生(AA研共同研究員,桃山学院大学)
    「ババッド・タナ・ジャウィ解題(仮題)」
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「D.A. Rinkesのワリ・ソンゴ研究(仮題)」
    全員
    打ち合わせ

2015年度第2回研究会(通算第10回目)

  • 日時:2015年7月26日(日)13:00-17:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語および日本語
  • 山崎美保(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院)
    「9世紀から10世紀の古ジャワ語刻文に記された呪詛における一考察(仮)」
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ジャワにおけるイスラーム流入期の宗教規律について(仮)」
    全員
    ミーティング

2015年度第1回研究会(通算第9回目)

  • 日時:2015年6月20日(土)13:30-15:30(非公開),16:00-17:30(公開)
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語および日本語
  • 【非公開】13:30-15:30
  • 全員
    2015年2月国際シンポジウム総括
  • 【公開】16:00-17:30
  • Peter WORSLEY(AA研外国人研究員)
    “Javanese Epic Poetry, the Lived Environment and Cosmological Order”

2014年度第4回研究会(通算第8回目)

  • 国際シンポジウム “Transformation of Religions as reflected in Javanese texts” : プログラム印刷用
  • 日時:2015年2月11日(水)9:15-16:40(公開),2015年2月12日(木)9:30-17:10(公開),2015年2月13日(金)10:00-11:45(非公開)
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 司会:森山幹弘(南山大学),菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学), 青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
  • 使用言語:英語
  • 主催:AA研(国際研究集会),共同利用・共同研究課題「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容」,科研費基盤B「ジャワ語文献に見られるジャワの言語・文化の変容過程」(代表:宮崎恒二(AA研所員))
  • 2月11日(公開)
  • Opening Remarks
    山﨑美保(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    “Transformation of religions as reflected in Old Javanese inscriptions from 9th and 10th centuries; Analysis of the imprecations”
    Dwi PUSPITRINI (University of Indonesia)
    “The religious words in Adiparwa” (tentative)
    Stuart ROBSON(AA研外国人研究員)
    “Some aspects of the thought-world of the Old Javanese Kakawin
    青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    “The significance of “mokṣa” in the Ramayana reliefs in the light of Old Javanese texts”
    All members
    discussion
    Kartika SETYAWATI (Gadjah Mada University)
    “Kidung Surajaya: believers of the mountains.”
    Ben ARPS (Leiden University)
    “The benefits of purity in Amarta and Surakarta: the shadow play of Bima Suci, 1810s–1830s”
    George QUINN (Australian National University)
    “A textual history of the tenth wali
    All members
    discussion
  • 2月12日(公開)
  • Nancy FLORIDA (University of Michigan)
    “Ronggasasmita’s Suluk Aceh: Syattari metaphysics in Javanese Sufi poems composed in 1815 Aceh”
    宮崎恒二(AA研所員)
    “Javanese Calendar and Myth: Story of Watu Gunung
    Ronit RICCI (Australian National University, Hebrew University)
    “Muslim and Javanese in the diaspora: preliminary thoughts about Javanese experiences in colonial Ceylon”
    Willem van der Molen(AA研共同研究員,KITLV)
    “The meaning of Islam in the history of the Chinese in Java according to the Sajarah Cina
    All members
    discussion
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    Edwin WIERINGA (University of Cologne)
    “Re-reading traditional Javanese literature: nineteenth-century elite court literature and the question of gender”
    Oman FATHURAHMAN(AA研共同研究員,UIN Syarif Hidayatullah Jakarta)
    “A further discussion on the Javanese Islamic manuscripts in the British Library Collection”
    Saiful UMAM (UIN Syarif Hidayatullah Jakarta)
    “Glocalization of early printed pegon texts”
    All members
    discussion
  • 2月13日(非公開)
  • All members
    about Javanese Concordance
    Closing

2014年度第3回研究会(通算第7回目)

  • 日時:2014年12月14日(日)13:00-17:00
  • 場所:AA研セミナー室(301室)
  • 使用言語:英語,日本語
  • 全員
    国際シンポジウム準備発表

2014年度第2回研究会(通算第6回目)

  • 日時:2014年11月29日(土)13:00-17:00
  • 場所:AA研セミナー室(301室)
  • 使用言語:英語,日本語
  • 全員
    国際シンポジウム準備発表または個人の最終成果のための準備発表
    Stuart Owen, ROBSON(AA研外国人研究員)
    “Some Aspects of the Thought-World of the Old Javanese Kakawin”

2014年度第1回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2014年8月1日(金)14:00-17:00(非公開),2014年8月2日(土)9:30-12:00(非公開)13:30-17:30(午後のみ公開),2014年8月3日(日)9:00-12:30(非公開)
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 共催:科研「東南アジア史における絶対年代と相対年代の統合に関する研究:7-10世紀を中心に」(代表者:深見純生(AA研共同研究員,桃山学院大学)
  • 8月1日
  • 肥塚隆(大阪大学名誉教授)
    「昨年末の中部ベトナム調査報告」
    田畑幸嗣(早稲田大学)
    「メコン川下流域における9-18世紀の編年試案(陶磁器)と8世紀以前の瓦について」
  • 8月2日
  • 9:30-12:00(非公開)
  • 肥塚隆(大阪大学名誉教授)
    「Lost Kingdoms展評」
    原田あゆみ(九州国立博物館)
    「Lost Kingdoms展覧会で取り上げられたドヴァーラヴァティー」
  • 13:30-17:30(公開)
  • 松浦史明(日本学術振興会/上智大学)
    「真臘伝(3)」
    山崎美保(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院)
    「シーマ定立刻文を読む-ルカムRukam刻文(907)を例に」
  • 8月3日
  • 佐藤桂(東京文化財研究所)
    「編年のための項目・事項(建築史)」(仮題)
    佐藤恵子(上智大学アジア文化研究所)
    「石澤新著の書評にむけて─刻文研究の側面から」(仮題)
    全員
    会議

2013年度第4回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2014年1月13日(月・祝)13:00-17:00
  • 場所:AA研セミナー室(301室)
  • 使用言語:日本語,英語
  • 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「コンコーダンスの編集方針について」
    全員
    「コンコーダンスを利用した研究の可能性」 

2013年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2013年6月8日(土)13:00~17:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • Oman Fathurahman (AA研外国人研究員)
    “The Manuscripts of Shattariyyah Silsilah in Java: Arabic, Javanese, Malay, and Sundanese”
    星泉(AA研所員)
    「Old Tibetan Documents Online (OTDO)について」 

2013年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2013年5月18日(土)13:00-17:00
  • 場所:上智大学四谷キャンパス2号館6階630A会議室
  • 使用言語:日本語
  • 共催:上智大学イスラーム研究センター「東南アジア・ムスリムと近代」研究班
  • 「東南アジアにおけるミラージュ物語の展開」
  • Dick van der Meij (Center for the Study of Religion and Culture (CSRC), Syarif Hidayatullah State Islamic University (UIN) Jakarta)
    “The text of the Isra Mi‘raj in Indonesia: A global overview” (tentative title)
    Yumi SUGAHARA (ILCAA Joint Researcher, Osaka University)
    “The Night Journey translated by Ahmad Rifa’i Kalisalak” (tentative title)
    Midori KAWASHIMA (Sophia University)
    “The Maranao Text of the Isra Mi‘raj” (tentative title)
    All members
    Comments
    All members
    Open discussion

2013年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2013年4月20日(土)13:00-17:30
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「共同研究課題趣旨説明」 
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「マレーコンコーダンスプロジェクトの紹介」 
    全員
    計画作成

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.