AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アフリカ諸語のイベントの統合のパターンに...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アフリカ諸語のイベントの統合のパターンに関する研究

アフリカ諸語のイベントの統合のパターンに関する研究

キーワード

  • アフリカ
  • 言語学
  • 意味類型論
  • イベントの統合
  • 空間移動
  • 状態変化
  • アスペクト
  • 動詞の連続の構文

関連地域

  • アフリカ

ウェブサイト

---

プロジェクトについて

期間:2012-2014年度

このプロジェクトは,アフリカのすべての大語族を網羅し,手話も研究対象に含め,各言語が,空間移動,状態変化,アスペクトなどの意味領域において,イベントの諸要素を統合して形態統語的に表すのにどのような特徴が見られるかという問題を扱う。ほとんどのアフリカの言語は複数の動詞からなる構文を持つが,これらの構文の形態統語的な比較も意味的な比較も体系的になされていない。世界の他の地域の言語とも比較をすることによって,アフリカの各言語・語族が全体的にどのような類型的なタイプに分類されるかを分析し,そしてアフリカの言語に特徴的な現象はあるかどうかを考える。さらに,違う意味領域間の表現パターンの一貫性が各言語・語族内で見られるかどうかを調べる。

研究代表者 河内一博(防衛大学校准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 河内一博(防衛大学校准教授)

AA研所員

  • 稗田乃

共同研究員

  • 阿部優子
  • 乾秀行
  • 折田奈甫
  • 梶茂樹
  • 神谷俊郎
  • 古閑恭子
  • 小森淳子
  • 塩田勝彦
  • 品川大輔
  • 中川裕
  • 箕浦信勝
  • 米田信子
  • 若狭基道
  • Leonard TALMY
  • Monica KAHUMBURU
  • Tom Güldemann

研究成果

研究会

2014年度第3回研究会(通算第9回目) : 報告書(和文)(943KB)

  • 日時:2015年1月31日(土)13:30-18:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語および英語
  • 古閑恭子(AA研共同研究員,高知大学)
    「アカン語のイベントの統合:移動以外のイベントを中心に」
    Ernst Kotze(Nelson Mandela Metropolitan University)
    “Linguistic categorization as a determinant in making appropriate choices for the roomaji component of a Japanese/Afrikaans dictionary”

2014年度第2回研究会(通算第8回目) : 報告書(和文)(1.1MB)

  • 日時:2014年9月13日(土)13:30-18:30
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 使用言語:日本語
  • 阿部優子(AA研共同研究員,AA研特任研究員)
    「ベンデ語のイベント統合パターン試案」
    若狭基道(AA研共同研究員,明星大学)
    「アムハラ語のイベント統合パターン」

2014年度第1回研究会(通算第7回目) : 報告書(和文,英文)(393KB)

  • 日時:2014年5月10日(土)14:30-19:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:日本語
  • 稗田乃(AA研所員)
    “Complex events and clause combining in Saamia”
    吉野宏志(筑波大学大学院生)
    「アッレ語におけるイベント統合のパターン」
    全員
    「論文集の出版について」

2013年度第3回研究会(通算第6回目) : 報告書(英文,和文)(421KB)

  • 日時:2013年10月26日(土)13:00-18:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 米田信子(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ヘレロ語動詞における移動とイベント統合」
    若狭基道(AA研共同研究員,明星大学)
    「ウォライタ語の引用句の性格」
    全員
    「出版と調査票について」

2013年度第2回研究会(通算第5回目) : 報告書(和文)(219KB)

  • 日時:2013年7月6日(土) 13:00‐18:30,2013年7月7日(日)10:30‐18:00
  • 使用言語:日本語と英語(通訳なし)
  • 共催:中野教授追悼セム語研究集会
  • 7月6日
  • 「アフリカ諸語のイベントの統合のパターンに関する研究」
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 稗田乃(AA研所員)
    「サーミア語におけるイベント統合と時制」
    箕浦信勝(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「手話諸言語のmimetic words,いわゆるclassifiersについて 2」
  • 7月7日
  • 「アフリカ諸語の情報構造と言語形式の類型論的研究」
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • Anyanwu, Rose-Juliet(AA研,客員研究員)
    “Transitivity and Information Structure (especially Focus) in West African Benue-Congo languages - Igbo, Kana, Yukuben, Kuteb, Hone”
    長渡陽一(東京外国語大学)
    「アラビア語の子音情報量」 
    若狭基道(AA研共同研究員,明星大学)
    「n音の特殊性」 
    松尾愛(東京外国語大学大学院),ラナ・セイフ(東京外国語大学大学院)
    「アラビア語の派生形第Ⅶ形と第Ⅷ形の使い分け―コーランテキストを対象とした分析から-」
    仲尾周一郎(AA研共同研究員,京都大学)
    「ジュバ・アラビア語中層話体を記述する」
    榮谷温子(東京外国語大学)
    「古典アラビア語の事柄の代名詞」 
    ラトクリフ ロバート(東京外国語大学)
    「中野 ‘Hobyot vocabulary’ について」

2013年度第1回研究会(通算第4回目) : 報告書(英文,和文)(574KB)

  • 日時:2013年5月18日(土)13:00-19:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 古閑恭子(AA研共同研究員,高知大学)
    「アカン語のイベントの統合」
    中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「グイ語連接辞構文で表現される「マクロ・イベント」」
    箕浦信勝(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「手話諸言語のmimetic words,いわゆるclassifiersについて」

2012年度第3回研究会(通算第3回目) : 報告書(和文,英文)(330KB)

  • 日時:2013年1月26日(土)14:00-18:00,2013年1月27日(日)11:00-17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 1月26日
  • 「アフリカ諸語の情報構造と言語形式の類型論的研究」
  • 稗田乃(AA研所員)
    「アチョリ語のフォーカスについて」
    要旨(英語) (197KB)
  • 1月27日
  • 「アフリカ諸語のイベントの統合のパターンに関する研究」
  • 阿部優子(AA研共同研究員,JICA)
    “Some aspects of Motion Verbs in Bende ? A sample from the ‘Frog Story’”
    稗田乃(AA研所員)
    「クマム語のアスペクトについて」
    河内一博(AA研共同研究員,防衛大学校)
    「クプサビニィ語の移動表現と構文」

2012年度第2回研究会(通算第2回目) : 報告書(和文)(701KB)

  • 日時:2012年9月15日(土)13:00-18:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 小森淳子(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ヨルバ語とスワヒリ語にみられるイベント統合のパターン」
    品川大輔(AA研共同研究員,香川大学)
    「チャガ諸語の移動動詞に由来するモダリティ・マーカー ―「確信性」解釈の不一致をめぐって―」

2012年度第1回研究会(通算第1回目) : 報告書(和文)(102KB)

  • 日時:2012年5月19日(土)13:30-18:00
  • 場所:AA研セミナー議室(301)
  • 河内一博(AA研共同研究員,防衛大学校)
    「プロジェクト趣旨説明」
    参加者全員
    「研究会で扱うトピックについて」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.