AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 契丹語・契丹文字研究の新展開
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

契丹語・契丹文字研究の新展開

sample

キーワード

  • 契丹文字
  • 契丹語

関連地域

  • 東アジア

ウェブサイト

遼金西夏史研究会(協力)
http://liaojinxixia.web.fc2.com/

プロジェクトについて

期間:2010-2012年度

10世紀,現中国北部~モンゴリア地域に成立した契丹(遼)では,漢語とともにモンゴル語系の「契丹語」が主要言語として通用し,「大字」と「小字」という異なるタイプの文字体系を用いて記されていた。これらは石刻史料の形態で現存するが,資料数は僅少であり,内容的にも墓誌に限られる等の偏重もあり,結果的に未だ契丹語および文字の解明には到っていない。

また従来の研究においては,契丹文字資料の研究は歴史学的見地からの研究が主流を占め,言語学的見地からの研究は充分に尽くされているとは言い難い。本プロジェクトは,契丹文字資料について,最新の言語学的研究をもとに研究・分析を行い,新たな契丹語・文字研究を目指す。

3年という時限を設定し,段階的に研究成果を示す。具体的には契丹文字碑文の検討を通じて,1)資料データの収集,2)個々の契丹文字の画像抽出,などを行い,研究者・一般が活用できる形で公開する。その上で,3)主として言語学的な視座からの研究を行い,その成果を論集等にまとめて報告・公開することを目標とする。

研究代表者 松川節(大谷大学)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 松川節(大谷大学)

AA研所員

  • 荒川慎太郎(副代表)

共同研究員

  • 更科慎一
  • 承志
  • 白石典之
  • 武内康則
  • 古松崇志
  • 毛利英介
  • 山越康裕

研究成果

研究会

2012年度第3回研究会(通算第9回目) : 報告書(和文)(206KB)

  • 日時:2013年2月2日(土)13:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 荒川慎太郎(AA研所員)
    「故西田龍雄先生と契丹文字研究」
    松川節(AA研共同研究員,大谷大学)
    「プロジェクトの成果刊行物について」
    荒川慎太郎(AA研所員),澤本光弘(早稲田大学),高井康典行(早稲田大学),渡辺健哉(東北大学)
    「『契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア』について」
    全員
    共同研究プロジェクトを振り返る

2012年度第2回研究会(通算第8回目)

  • 日時:2012年11月10日(土)13:00-18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 大竹昌巳(京都大学)
    「契丹小字の体系的解読の試み」
    武内康則(AA研共同研究員,京都大学)
    「「第二届中国少数民族古籍文献国際学術研討会」及び「第二届契丹文字及相関領域学術研討会」参加報告」
    吉池孝一(愛知県立大学)
    契丹学国際会議(赤峰,2012年8月)に参加して

2012年度第1回研究会(通算第7回目) : 報告書(和文)(125KB)

  • 日時:2012年5月12日(土)13:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 荒川慎太郎(AA研所員)
    「ロシア所蔵契丹大字冊子について(ザイツェフ氏の研究より)」
    吉池孝一(愛知県立大学)
    「「契丹文字接尾語表」(『慶陵』1953)作製に関わる諸資料の紹介」
    全員
    近年の契丹研究に関する情報交換

2011年度第3回研究会(通算第6回目) : 報告書(和文,英文)(271KB)

  • 国際ワークショップ「西夏・契丹文文献の図録化と課題」
  • 日時:2012年3月23日(金)9:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:英語,中国語
  • ≪契丹文字文献≫
  • 松川節(AA研共同研究員,大谷大学)
    「プロジェクト説明,基調報告」
    武内康則(AA研共同研究員,京都大学)
    「近年の契丹文字資料の公開状況」
    呉英喆(AA研外国人研究員,内モンゴル大学)
    「内蒙古所蔵契丹文石刻の整理状況」
  • ≪西夏文字文献≫
  • 武宇林(北方民族大学)
    「『日本蔵西夏文文献』の編纂について」
    キリル・ソローニン(佛光大學)
    「西夏禅文献について」
    杜建録(寧夏大学)
    「『中国蔵西夏文献』の編纂について」
    キリル・ボグダノフ(ロシア科学アカデミー東洋文献研究所)
    「ロシア所蔵西夏文文献の再整理について」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「西夏文献図録と西夏語研究」
    全員
    総合討論
  • 遼金西夏史研究会第12回大会
  • 日時:2012年3月24日(土)13:30-18:00
  • 場所:学習院大学中央教育研究棟402教室
  • 使用言語:日本語
  • 共催:学習院大学東洋文化研究所「農牧接壌地域」における民族と社会プロジェクト,遼金西夏史研究会
  • 中田美絵(甲南大学)
    「8世紀後半におけるユーラシア情勢と長安仏教界」
    飯山知保(早稲田大学),佐藤貴保(新潟大学),高井康典行(早稲田大学)
    ミニシンポジウム「遼・金・西夏研究の現状と展望」
  • 日時:2012年3月25日(日)9:00-15:00
  • 場所:学習院大学中央教育研究棟402教室
  • 使用言語:日本語
  • 共催:学習院大学東洋文化研究所「農牧接壌地域」における民族と社会プロジェクト,遼金西夏史研究会
  • 毛利英介(AA研共同研究員,京都大学)
    「宋は兄で遼は弟か─遼宋擬制親族関係について─」
    吉野正史(早稲田大学)
    「「耶律・蕭」と「移剌・石抹」の間─『金史』本紀における契丹・奚人の姓氏記述に関する考察─」
    大西啓司(龍谷大学)
    「西夏に於けるシャーマンの活動─『天盛旧改新定禁令』を中心に─」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「ロシア東洋文献研究所所蔵西夏語文献Tang.46, inv. No.156再考」

2011年度第2回研究会(通算第5回目) : 報告書(和文)(176KB)

  • 日時:2011年10月1日(土)10:30-18:30
  • 場所:AA研大会議室(303)
  • 使用言語:日本語
  • 共催:平成23年度科学研究費補助金(基盤研究(B))「新出土契丹文字資料・モンゴル文字資料に基づくモンゴル史の再構成」,研究代表者 大阪国際大学ビジネス学部教授 松田孝一
  • 孫伯君(中国社会科学院)
    「ロシア科学アカデミー東洋文献研究所所蔵契丹大字冊子本について」
    呉英喆(内蒙古大学)
    「新発見の契丹文字資料について」
    松川節(AA研共同研究員,大谷大学)
    「モンゴル国ドルノゴビ県の契丹大字碑文の発現経緯」
    武内康則(AA研共同研究員,大谷大学)
    「モンゴル国ドルノゴビ県契丹大字碑文の解読」
    孫伯君(中国社会科学院)
    「契丹文字の符号化について」
    鈴木俊哉(広島大学)
    「孫報告へのコメント」
    全員
    総合討論

2011年度第1回研究会(通算第4回目) : 報告書(和文)(237KB)

  • 日時:2011年7月9日(土) 13:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 鈴木俊哉(広島大学)
    「西夏・女真・契丹文字の国際標準コード化動向について」
    白石典之(AA研共同研究員,新潟大学)
    「内モンゴル新巴爾虎左旗出土の契丹大字資料について」
    全員
    近年の契丹研究に関する情報交換

2010年度第3回研究会(通算第3回目) : 報告書(和文)(265KB)

  • 日時:2011年1月22日(土) 13:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 武内康則(AA研共同研究員,京都大学)
    「統計的手法による契丹文字の音価探索の試み」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「『首届中国少数民族古籍文献国際学術研討会』参加報告」
    全員
    近年の契丹研究に関する情報交換

2010年度第2回研究会(通算第2回目) : 報告書(和文)(137KB)

  • 日時:2010年7月4日(日)10:00-15:00
  • 場所:京都大学
  • 武内康則(AA研共同研究員,京都大学)
    「契丹文字・契丹語の基礎事項」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「近年の契丹小字研究について」
    全員
    近年の契丹研究に関する情報交換

2010年度第1回研究会(通算第1回目) : 報告書(和文)(166KB)

  • 日時:2010年4月24日(土)13:30-18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306号室)
  • 松川節(AA研共同研究員,大谷大学)
    「このプロジェクトが目指すもの」
    武内康則(AA研共同研究員,京都大学大学院生)
    「インディアナ大学滞在報告」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.