AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚 > バックナンバー > 今月の一枚 2022年6月
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]



今月の一枚 2022年6月

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

ワット・フォティビハン

 タイと国境を接するマレーシアのクランタン州には、タイ語で寺院などの宗教施設を意味する「ワット」という語のつく施設が複数ある。ワット・フォティビハンもそのひとつ、涅槃仏で有名な寺院である。
熱帯の日差しを遮る屋根の下、40mにもなる仏像が横たわる。靴を脱いで、ひんやりとしたタイル張りの床を歩き、その後ろへと回ると、さまざまな仏像が並んだ静寂な空間がひろがる。広々とした敷地には、漢字で「凖提賓殿」と記された観音を祀る仏殿もある。タイの上座部仏教と中国の大乗仏教が混じり合い、イスラームを国教とするここマレーシアで独自の調和をなしている。

2018年3月3日
マレーシア、クランタン州トゥンパ
河合文 撮影


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.