AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚 > バックナンバー > 今月の一枚 2015年8月
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

今月の一枚 2015年8月

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

日干し煉瓦の家屋の色鮮やかな内装

医療神の神輿が脈をとる

ニジェール西部の農村では日干し煉瓦の家屋が一般的である。男性は煉瓦で壁を組み,木製の骨組みに屋根を張る。その後女性が内装や床を年度で平らに仕上げる。単調になりがちな外観に対し,内装には個性が反映されやすい。写真は,私が知る傑作のひとつ。雨漏りやシロアリのせいで1年を待たずにぼろぼろになったが,翌年にはまた色鮮やかな装飾が施されていた。

2006年1月10日
ニジェール共和国ティラベーリ州ティラベーリ県デーサ・コニューン
佐久間寛 撮影

今月の一枚バックナンバーページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.