AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚 > バックナンバー > 今月の一枚 2011年11月
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

今月の一枚 2011年11月

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

祈り

聖地エルサレム。ユダヤ教,キリスト教,イスラーム教の3つの宗教にとって重要な意味をもつこの場所は,世界各地から巡礼者が訪れる,いわば古くからの国際都市だ。
それぞれの信仰をもつ者にとって神聖なこの場所をめぐっては,古くから領有権争いが絶えない。現在はイスラエルとパレスチナが互いに首都とすることを主張している。

紛争の只中にあって,政治的に緊張した場所。しかしそれでもこの街が魅力的なのは,人々の祈りがいずれも真摯で純粋であるからなのかもしれない。

祈り

2011年6月
聖墳墓教会でロウソクを灯す姉弟
錦田愛子 撮影

今月の一枚バックナンバーページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.