next up previous
次へ: 哲学・思想系リンク集の作成とその成果 上へ: リンク集という解決手段 戻る: リンク集という解決手段

草分け的存在としての「国内人文科学系研究機関WWWページリスト」

その草分け的存在 として、1995年10月より運営を開始した 東北大学の後藤斉氏によ る「国内人文科学系研究機関WWWページリスト」は、 少なくとも、タイトルのレベ ル、つまり、人文科学系研究機関 のレベルでそれらの一覧を可能にするものとし て、極めて 貴重なものであった。後藤氏は同時に、自らの専門分野 のWWWリンクリス トである「国内言語学関連研究機関 WWWページリスト」も構築/運営していた。こ ちらは、分野を 絞り込むことで、Webページをさらに詳しく紹介するもの となって いた。4



Kiyonori Nagasaki 平成13年1月10日