next up previous
次へ: この文書について... 上へ: 「国内人文科学分野におけるWWW的な 知識の共有の試み」 〜哲学・思想系リンク集と全文検索エンジンの構築を通じて〜 戻る: まとめ

文献目録

1
アリアドネ[1996]『調査のためのインターネット』ちくま新書.

2
江口聡[2000]「情報共有の倫理性--フリーソフトウェア運動 を中心に」京都生命倫理研究会・FINE京都研究会 http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/ eguchi/papers/freesoftware.html

3
後藤斉[1997] 「人文学研究とインターネット―ゆるやかな分散型総合学術情報シス テムの構築へ―」『人文学と情報処理』15, 勉誠社, pp. 9-14. 勉誠社.

4
永崎研宣[1998]「哲学・思想研究におけるWWW利用の現状と課題について」『人文学 と情報処理』No.17, pp. 92-96.

5
永崎研宣[1998a]「文科系研究者にとってのネットワーク管理」 , 『電子情報通信学 会研究報告(FACE)』vol.98 No.78, pp. 7-12.

6
永崎研宣[1999]「「文科系ネットワーク」の管理における倫理的問題」 『情報倫理 学研究資料集I』, pp. 72-85.

7
大谷卓史[1999]「ハイパーリンクの倫理学」『情報倫理学研究資料集I』, pp. 72-85.

8
佐藤俊樹[1996] 『ノイマンの夢・近代の欲望』講談社.



Kiyonori Nagasaki 平成13年1月10日